ヒーリングで良くなるために気の存在を確信する

気はスマートフォンの電波のようなものだと話しましたが、もう少し違う説明をします。

その方が分かりやすいと思いますから。


気功を学んでいくと、「陰の気」「陽の気」などの言葉を知ると思います。


気功は元々道教なので、陰陽という言葉が使われるのです。

ですが、もう少し分かりやすく「陰の気=マイナスの気」「陽の気=プラスの気」としましょう。


さて、これで分かりやすくなりました。


「マイナスに働く気」と「プラスに働く気」に分けられるのです。


ここで気付きたいことは、どちらにも「気」という言葉があることです。



ところで、あなたは「気」という言葉からどのような言葉を連想しますか?


「元気に」「勇気を持って」「やる気が」など、色々な日本語として「気」は使われていますが、それらには何かしら”行動に関するイメージ”が付属しています。


行動とはエネルギーを伴うものです。

そのため、「気=エネルギー」とすることができます。


よって、上記を変換するのなら「マイナスに働くエネルギー」「プラスに働くエネルギー」となります。


つまり、気というものはプラス・マイナス関係なく、”ただのエネルギー”に過ぎないのです。

プラスやマイナスといった”情報が添付”されていないと、効果を発揮しないのです。



スマートフォンに例えると、気は電波のようなものだと話しました。


通信には電波が必要ですが、一番重要なことはその通信”内容”です。

メールの内容や電話の内容が重要なのであり、電波が重要なのではありません。


電波は通信するための前提条件ですからね。


気功もこれと同じです。


気というエネルギーに乗せる内容、つまりプラスの情報を乗せるのか、マイナスの情報を乗せるのかによって方向性が変わるのです。

しかも、電波がなければ通信できないように、「気はある!」と思わないと気を伝えることができません。


治りたいのなら、彼方此方を飛び交っている電波のように、気の存在も確信してください。

気は彼方此方にあるんだ、と。



さて、「プラスの気、マイナスの気」の話に戻りますが、私が言いたいことは、「プラス・マイナスは書き換えることができる」ということです。


例えば、病気になっている方はマイナスの気を大量に持っています。

つまり、”エネルギーを”大量に持っているのです。


それなら、そのエネルギーを”プラスに変換”してしまえば勝手に快方へと向かいます。


「そんなことで元気になるなら苦労しない!」という方がいますが、そのような方は体感がないからそう思うのです。


ですが、気功師がしていることはこういうことです。


気功師は、「元気だ!」というプラスの情報を、気を使って臨場感豊かに書き込みます。

そして無意識には、強烈な臨場感を現実にする機能がありました。


よって、強烈なプラスの情報を書き込まれると、ホメオスタシスが働き元気になってしまうのです。


エネルギーは潤沢にありますから、変わる振れ幅が大きいほど変わる力も大きくなります。

これは、輪ゴムの両端を引っ張りあっているようなものです。


プラスの臨場感が強ければ強いほど、元気になれるのですよ。



なお、これは気功師だけではなく自分自身でもできます。


自分自身で、「元気でやりたいことをやっている!」と毎日何十回も何百回も思えばいいのです。

しかも、臨場感豊かに。


自分が、まるで”演劇の主役になっているかのようにイメージする”のです。

自分が演じているようにイメージをするのです。


間違っても、映画を見るように客観視してはいけません。

それでは自分のことではないと無意識が認識してしまい、ホメオスタシスが働かなくなります。


エネルギーはたくさんありますから、そこに添付されている情報を変えていきましょう。



毎日「痛い、辛い」と思っているということは、マイナスの気に四六時中曝されているということです。

五感を使って、臨場感豊かにマイナスの気を感じているということです。


ですが、これではどうなるでしょうか?


無意識の機能を考えれば、元気になるどころかますます病気になってしまいます。


ですから、”意識的に”プラスの気を作り出していくのです。


やりたいことやポジティブなことはプラスの気です。

特に、”心からやりたいこと”はプラスの気に溢れています。


”元気になって何をやりたいのか”をしっかりと考えましょう。


これは、プラスの気に臨場感を感じていくために必要なことですよ。



また、人によっては気のことを、”生命エネルギー”や”宇宙のエネルギー”と説明しています。

「生命エネルギーは何となく分かるけど、宇宙のエネルギーって何?」という方もいるでしょう。


ここでの宇宙とは、空の上にある物理宇宙のことを指しているのではありません。

自分自身の『心の中にある宇宙、イメージの宇宙』を指しています。


そして、そのイメージの宇宙から”エネルギーを取り出す”ことができるのです。



「イメージからエネルギーを取り出すってどういうこと?」と思うかもしれませんが、例えば、「身体が光り輝いているイメージ、細胞が活性化しているイメージ」をしてみてください。


身体や臓器がどんどん輝いているイメージをしてみてください。

太陽のように光り輝き、ポカポカして温かいイメージをしてみてください。


太陽を感じながら、太陽の光が身体や臓器のイメージと”重なるイメージ”をするのです。


「太陽を見る→目を閉じて身体や臓器を思い浮かべる→太陽を見る→目を閉じて身体や臓器を思い浮かべる」を繰り返せば、重なったイメージができるようになります。


なお、太陽は一瞬なら直視しても大丈夫ですが、何度も繰り返すと眼球にダメージを負いますから気を付けてください。


朝夕なら入射角の関係で直視もできますが、真上にある場合一瞬でも目が痛くなります。

その場合、インターネットで画像を探しましょう。


これ以外にも、「過去の楽しかった記憶、嬉しかった記憶」を思い出してください。

噴き出してしまうくらいの記憶、とってもハッピーな記憶を思い出してみてください。


爆笑した記憶をエピソードごと思い出しましょう。



何となく掴めましたか?

身体が温かくなったり、自然と笑顔になりませんか?


”自分の中にある情報からエネルギーを貰う”とは、こういうことです。

人は、イメージしたことや記憶からでもエネルギーを貰え、その結果ホメオスタシスが働くのです。


太陽のイメージなら、「太陽の光を浴びて、温かくてすごく気持ちがいい!どんどんエネルギーを貰っている!」と臨場感豊かに感じることが重要です。

五感を使ってイメージし、そのエネルギーを使って「怪我や病気が治っている!」と強烈に刷り込むのです。


方法は単純なのですが、これを確信できるかどうかによって効果が変わってきます。

しかし確信できると、イメージが続く限り”無限に”エネルギーを生み出せます。


生命は情報体ですから、この情報エネルギーでも私達は元気になるのです。

これが、宇宙のエネルギーと言われるものなのです。


なお、エネルギーを貰う対象は太陽である必要はなく、超新星とかクエーサーとか銀河からでもかまいません。


ドラゴンボールの元気玉の方が分かりやすいでしょうか?

宇宙中からエネルギーを貰うイメージです。


「そんなに貰ったら宇宙のエネルギーがなくなっちゃうんじゃ……」と思うかもしれませんが、宇宙からすれば人間など微生物以下の存在です。

ですから、宇宙のエネルギーがなくなる心配をする必要はありませんよ。



繰り返しますが、「気はある!」と確信していただかないと、気は効果を発揮しません。


気はイメージ内の情報エネルギーなので、それを信じないということは、自分自身の中に気がないことになります。


自分の中に”情報を伝達する物質がない状態”で、どうやって情報を伝えるのですか?


「ある!」と思えば気は存在できます。

「ない」と思えば気はないのです。


元気になりたかったら、気の存在を確信してください。



もっとも、はじめから気の存在を確信できる方は稀です。


ですが、毎日繰り返していくと気の存在を確信できるようになります。


毎日、”イメージの中”の太陽を臨場感豊かに感じていってください。

五感を使って感じてください。


できることなら一日中感じてください。


自分自身が持っている機能を最大限に発揮して、良くなっていきましょう。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Sage

ヒーラー+コーチ

気功ベースのヒーリングを行っています

人だけではなくペットなどの動物もヒーリングの対象です

なおコーチでもあります

コーチング依頼やコーチング等の勉強はこちらから

生まれ変わるために

心と身体を”超”元気にする実践方法

月別アーカイブ